My vegetarian life

<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

その後のちょっといい話。

先日保護した3ニャンズは元気に暴れまわっています(^^)
昨日、猫を持ってきた生徒のお母さんがいらっしゃいました。

お母様がすごく良い方で、「猫を拾っても、それを他人に押し付けて帰ってきたのでは、救ったことにならない。子供にはきちんと責任をとるようによく言っておきました。病院代もお年玉の貯金から払わせます。それで、家族と相談して、1匹引き取ることに決めました。」

か、感動…。
実際、猫を拾ったのは、この子ではなく、もう一人のお友達の女の子なんだそう。
でも塾に連れてきたのはこの子の考えだろうから、と。
良かった・・・きっとこの子も将来、自分の子供が猫を連れてきたら、この事を思い出すでしょう。
そして正しい責任の取り方を教えてあげれると思います。
もともと何らかの理由で猫を飼うことが出来なかったお宅での決心なので、よほど家族で相談されたんでしょうね。
里親募集をして、残った子を引き取ってくれるとの事。
生徒はミケちゃんがお気に入り♪でも・・・ミケちゃんて人気の柄だからなぁ~残るかな?


ところで、先月のお話ですが・・・。

仕事中に、外から赤ちゃん猫の鳴き声が聞こえてきました。
声の元をたどって行くと、数人がすでに集まっていました。
「どうかしましたか?」と、声をかけてみると、若いお兄さんが生後数週間の仔猫を1匹抱いていました。
「のら猫ちゃんが赤ちゃんを1匹連れてきて、置いていってしまったんです。母猫が戻ってくるかと思って、お昼から待っているんですけど…。」
と、そのお兄さんが言っていたのですが、その時すでに夕方6時。
保護覚悟で「母猫が子供を取り戻しに帰ってくるとは思えないですね。どうしますか?」と聞いてみると、「さっき、ほかの人に保健所に連れて行くから、って言われたんです。でも、目の前でそんな事言われて渡せるわけないです。うちには犬がいるので飼えませんが、大きくなるまで育てて里親を探します。」と断言してくれました。
地元の方ではなかったのですが(隣の市)、そんなお兄さんに心を打たれまくった私は、予備のキャリーバックと湯たんぽを「使って!」と渡しておきました。
まだ歯が生えてない小さな赤ちゃん猫を大切そうに抱くお兄さんに、「良い人もたくさんいるんだな~。」と感動してしまいました。

で、昨日。そのお兄さんがキャリーバックを持ってきてくれました。
もちろん仔猫連れで。
甘えん坊の赤ちゃんは、毎日お兄さんの指を内出血するほど!吸いまくり^^)
オシッコの時は、自らシートの上に仰向けになって「ポンポンして!」と催促するんだそうです。
(赤ちゃん猫を育てたことのある方は分かると思いますが、赤ちゃんは刺激をしてあげないとオシッコ&ウ○チが出来ません。)

そんな赤ちゃんには、もうすでに里親が決まっているとの事。
お兄さん、泣くだろうな(^^)

その赤ちゃんの写真です♪
e0006738_10223346.jpg

e0006738_1023162.jpg

[PR]
by catspajamas | 2006-09-26 10:24 | 動物

も~!

このブログをずっと読んでくれている方や、私の周りの親しい人達は分かってくれていると思うのですが・・・。

拾った犬・猫を私のところに持ってこないで~~~!!!

またしても仔猫3匹保護です。
しかもぜんぜん面識のない小学生の女の子二人がいきなり来て、「猫拾ったんですけど…もらって下さい。」と一言。

「無理です…。っていうかどちら様?」
話を聞いてみると、私の担当している生徒の妹とその子のお友達でした。
ぜったい家族には内緒にして下さい、と繰り返し言っていたので、おそらくこの子達のお家では動物が飼えない環境なんでしょう。
しかも、「お姉ちゃんが先生は猫をたくさん飼ってるって言ってたから…。」って。
ちょっと私にも責任があるっぽい言い方~~~~!言わなきゃよかった?でも雑談のひとつだったのよぅ~。
とりあえずまったく動かず弱ってる子もいたので一応保護。必ずお母さんに言って、私に電話するように頼みました。

生徒のお母さんからはすぐに謝罪&今後の相談の電話がありました。
お友達のお母さんの意見は「処分して下さい。」だったそうです。
幸い、生徒のお母さんは良識ある方なので、病院の検査代を出すので保護してくれないでしょうか、と勝手に押し付けていく人が多い中、誠意はみせてくれました。
お友達のお母さんは、検査代の折半も嫌なんでしょうね。(ちなみに3匹で1万2千円)

私が懸念するのは女の子2人の事。…もし、自分が拾った仔猫がガスで殺されたと知ったら、彼女達はどう思うでしょうか。

頭ごなしに怒るのではなく、自分で責任を取る事、人間に捨てられた命は、人間が救ってあげられるという事を教えてあげて欲しい。
きっとこの子達は、今後捨て猫を見ても、2度と拾わないでしょう。

「猫を拾ったら怒られた。」

彼女達が学んだ事は、これだけです。


検査の結果、エイズ・白血病ともに陰性。
弱っていた子も、ブドウ糖の注射で動き回るようになりました。
今のところ、一番可哀相なのは…保護猫を部屋に置かれている私の弟かも。
早朝から哺乳瓶片手に奮闘してました(^^)

写真を撮りたいのですが、ジッとしててくれません(><)
分かりにくいですが、長毛ミケ、白黒、黒の3兄弟です♪
e0006738_10333042.jpg

e0006738_10345839.jpg

e0006738_10352761.jpg

[PR]
by catspajamas | 2006-09-24 10:36 | 動物

ダックス親子のその後&チャリティ・バザーのお知らせ☆

前々回のブログでご紹介したダックス親子。
センターが譲渡に応じ、動物病院へ連れて行かれたのですが、残念のことに、仔犬2匹は病院で亡くなってしまいました。
犬の病気について詳しいかたなら「パルポ」と聞いただけで分かると思います。
ガスで苦しんで死んでいくより、獣医さんやボランティアの方達に見守られて逝ったのがせめてもの救いです…。
母ダックスちゃんは皮膚病と闘っていますが、順調に回復しているそうです。
子供達の分まで幸せになって欲しいですね。

我が県、栃木県では毎年7,000頭の犬・猫がガスにより殺処分されています。
不幸な子を作らないようにと、個人でノラ猫達の避妊・去勢をしてきましたが、保護猫達のワクチン代などの為に「チャリティ・バザー」をさせて頂くことになりました。
もちろん収益は地域猫や保護猫に大切に使わせて頂きます。

日時は10月22日(日)10:00~15:00
場所は宇都宮市内です。
ご興味のある方、また商品の寄付や、ボランティアをしてくださる方は、お手数ですがメールをお願いします!

当日はリンクをして頂いているブログ、I LOVE PETA様ご協力で、PeTAの展示もあります!
PeTAにご興味のある方もご参加下さい!

当日は3ワンコ&猫の善くんがお待ちしてます♪
体調良ければ小和も参加させたいっ!
e0006738_1863553.jpg

生徒におなかをなでられ至福のときを過ごす善くん。
[PR]
by catspajamas | 2006-09-18 18:08 | 動物

愛護センターに持ち込まれた子達

この写真の中の子達は、もうこの世にはいません。

安楽死とうたわれている苦しいガスで殺されました。

毎日毎日、各センターで犬・猫達が殺されています。

どうか、私達に出来る事を考えて下さい。

e0006738_103848.jpg
e0006738_1034061.jpg
e0006738_1044857.jpg
e0006738_1052058.jpg


この記事、写真はペットシッターをされているmaricoさんのブログから頂きました。
実際にセンターに行かれ、引き取りをされた方です。
maricoさん、ありがとうございました。
[PR]
by catspajamas | 2006-09-15 10:07 | 動物

緊急ニュース!その後!

返事のメールがきました!
譲渡されたようです♪よかった!


保護施設に収容される犬を一頭でも助けたいという、みなさんの必死な思いの伝わる
メールを数多くいただきました。ありがとうございました。

 滋賀県動物保護管理センターの譲渡方法につきましては、健康で人に慣れやすい犬・
ねこを、終生飼育してくださる県内の方にお譲りをするという方針で実施しております。
この方針は、「譲渡する以上は、新たに飼っていただいた家で、終生家族の一員として
愛情を持って過ごしてもらいたい」という思いから定めているものです。
 また、県内の方に限っているのは、譲渡後の様子をセンターから訪問してお聞きする
ために、遠方ではなく県内の方に限らせていただきたいという方針で定めたものです。

 さて、今回のミニチュアダックスフンドにつきましては、この犬の病気に関する専門
的な知識があり、終生責任をもって飼育してくださる方がおられるということで、譲渡
を決定いたしました。

 助けられるのであれば、1頭でも多くの命を助けたいという思いはセンターの職員も
同じです。しかし、ご存知とは思いますが、動物保護管理センターに犬が収容されるの
には様々な理由があり、中には治らない病気や、咬み癖などを理由に捨てられた犬もい
ます。それらの犬をなんの基準も設けずに希望者にお譲りすることは、かえって譲渡さ
れた犬にも、新たな飼い主の方にも不幸を招くことにもなりかねません。犬も人も共に
幸せに暮らせるために設けた基準であり、厳しくせざるを得ない部分もあることをご理
解いただきたく存じます。

 滋賀県としましては、人と動物がどうしたらよりよい関係を築けるか、今後とも試行
錯誤を繰り返しながら、様々な事業に臨みたいと考えております。今後とも、厳しく、
また、暖かいご助言を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
 みなさまのご健勝をお祈りいたします。

 平成18年9月13日
                 滋賀県知事 嘉田由紀子
[PR]
by catspajamas | 2006-09-13 17:46 | 動物

緊急ニュース!

アニマルポリスのサイト管理人Kanakoさんよりニュースです!


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
今日殺処分の運命のダックス親子
里親希望者がいるのに、なぜ殺されなければならないのか!???
http://blog.so-net.ne.jp/animalpolice_net/2006-09-12-1
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

今日が収容期限で、明日には殺処分が予定されているダックスの親子がいます。
この親子は、滋賀県動物保護センターに収容されています。
このダックスは、センターの敷地に捨てられていたということで、
かなり酷い皮膚病を患っているため、たぶんブリーダーの遺棄だろうと
センターの方も思っています。

何度も子どもを産まされ、手に負えない病気になったからと、
処分を人まかせにするためにセンターに遺棄されたダックスの親子。


問題はここからです。
この親子のことを知った人々が、
ぜひ全部引き受けるので譲渡して欲しいと申し出たのですが、
「健康状態がよくないから」との理由により譲渡はしない、というのです。

そこで、更にこの件を知った獣医師が、
すべて治療も請け負うからと、譲渡してくれるように申し出たのですが、
それも却下。

この件で、私は滋賀県動物保護センターの譲渡事業に
大変失望しています。

昨日はセンターに直接電話し、
いろいろなお話もさせていただきました。
それでも譲渡の検討さえしてくださらず、
「内規」に照らして「無理です」で終わり。
今朝はセンター長あてに、
再度「内規」の見直しをお願いするメールを送りました。

また、名乗りをあげてくださった獣医師も
滋賀県知事、センター長、センター獣医師に
緊急でメールを送ってくださいました。

しかし、、、、何の音沙汰もないままです。

もう時間が差し迫り、万策つきた感で、むなしく悔しく・・・。
「救います!」と情熱をもって名乗りをあげている人がいる。
救える命なのに、センターの職員の意識さえ変われば、救える命なのに、
あと数時間で殺される、というのでしょうか。

なぜなのでしょう????

なぜ、救える命をむざむざと行政は殺すのでしょう?!

さんざん子どもを産まされたあげく、
酷い病気に苦しみながら
遺棄されたダックスの親子。

その遺棄犯罪の捜査もされず、
命への救いの手が差し伸べられたのにもかかわらず、
今日には殺されようとしています。

もし、この記事を読んでくださった方で、
センターの譲渡の在り方について、もっと門戸を開き、
救いの手が差し伸べられた命がある場合、
どんどん譲渡してほしいということを
ぜひ、訴えてくださいませんか?

●滋賀県動物保護センターのHPは
http://www.pref.shiga.jp/e/dobutsu/
です。
●TEL:0748-75-1911
●FAX:0748-75-4450
E-mail:cr31@pref.shiga.lg.jp

ダックスの親子の情報が載っているのは、
http://www6.ocn.ne.jp/~sapca/mayoiinu/mayoiinu.html

滋賀県の知事にも、ぜひ譲渡事業の見直しを求める意見を送ってください。

●知事への手紙受付
http://www.pref.shiga.jp/chiji/tegami.html
[PR]
by catspajamas | 2006-09-13 10:17 | 動物

迷子犬

朝、ぐっすり寝ている私を母が
「生徒さんが玄関に来てるよ!」と起こしにきました。
一瞬「寝坊した!」と思ったけど、もう夏休みは終わってるから、授業じゃないし…。
パジャマのまま、玄関へ行ってみると…。

制服姿の生徒が二人…。

犬…連れてる…。


また!?また「どうしよう?」って私のところに連れてきたの!!??
自分の家に行けばいいじゃん~~~~!!!(って言ってもお母さんに怒られるから…って言われる…)

生徒が連れてきたワンコをよく見ると…。

ん?

変な顔。

・・・。

ま、まゆげだ…。


マジックでしっかりマユゲ書かれていました…。
首輪に電話番号が書いてあったので、とりあえず生徒は学校に行かせ、飼い主に電話をしました。

私「そちらの電話番号が書いてあるワンちゃんを保護しました。すぐに迎えに来れますか?」
飼い主「あら~。また脱走しちゃったのよ~。うちは○○町なんです。ほっといて下さい。自分で戻ってこれますから。」
私「(ムカッ)こちらは□□町ですよ。環状線(車通りが激しい)沿いなのでこのまま放すわけには行きません。どなたか車の運転が出来る方はいませんか?」
飼い主「あら、そんなに遠くまで?じゃあ、今から行きます。」


待っている間に「マユゲの理由」「脱走癖があるのに何してんだ!?」の2点は絶対に聞こう、もしひどい飼い主だったら文句言ってやろう!と、弟と一緒に待機していました。

15分後、飼い主のおばさま登場。

---脱走癖について!!
「娘が旦那と死別して、犬を連れて戻って来たの。
 この子(ワンコ)は塀をジャンプして外にでちゃうのよ。だから、今塀を高くする工事をしている最中なの。」
・・・いい人かも。

---マユゲについて!!!
「これは孫が、この子が脱走してもすぐ見つかるようにってマジックで書いたのよ。
 前脱走した時、愛護センターに、まゆげ犬いませんか?って聞いたらすぐ見つかったのよ   ~!」
・・・微妙…。

でも首輪に電話番号は大きく2つも書いてあるし、なによりもおばさまと会ったワンコの喜びようを見たら、「大切にされてるんだね~。」と思いました。毛艶も良かったし。
ま、私はワンコにマユゲは書かないけど。
e0006738_12371420.jpg

[PR]
by catspajamas | 2006-09-11 12:40 | 動物

居候犬 ココア

里親募集中のココアちゃんですが、最近はすっかりうちの子、というような顔で過ごしています。
避妊手術も無事に終了し、体調万全♪のようです。
ソファで寝ていた善くんに無理やり近寄るココア。
e0006738_16512041.jpg

そしてはると遊びまくり。
e0006738_16525125.jpg

で、眠いので寝ました(^^;)
e0006738_16532521.jpg

[PR]
by catspajamas | 2006-09-05 16:54 | 動物



Cat's pajamas Diary
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30